ケンブリッジ大学,MIT大学oxford大学、ハーバード大学、東京大学および大阪大学等で築き上げられてきた技術とノウハウを活かして、100年超に渡り継代・飼育されてきたオリジナル系統を利用し、医療用タンパク質を高収量と最高品質で生産する。は多くの企業や研究者と共に、現代医学にとって重要な医薬品に利用するための難発現性タンパク質を生産する。また難発現タンパク質の開発を行うことで、今後遭遇する未知のウイルスに対するワクチンにもチャレンジする。光学・情報科学・バイオ工学等の先端技術の融合により、生命科学・ヘルスケアの発展と革新を目指している。機械学習駆動型のハイコンテンツな細胞光学計測、及びリアルタイムのイメージベースセルソーティング技術によって、新しい創薬スクリーニング、細胞治療や医療診断の実現を目指している。先進技術の発展とともに、医療の精密化・個別化が加速度的に進展する中、より正確な診断や最適な治療の提供に貢献できるよう、臨床価値の高い検査と診断技術の実用化が求められています。また、オンライン診療やAIによる画像診断、ロボットを